太陽電池検査装置の施工・メンテナンス

SMD-200 モジュールドクター

【特許出願中】

非接触ストリング内欠陥位置の特定、非接触で欠陥クラスターを特定、モジュールを外さず欠陥部位を検索

高性能ポイント

①日射強度で電流補正 

②地磁気除去機能 

③断線位置特定

検査項目

・モジュール内のクラスター欠陥検出

・バイパスダイオードの欠陥検出

・バスバー電極の断線検出

・ストリング断線位置検出機能

概要

住宅などの太陽電池の欠陥場所を特定します。

特殊センサーでモジュールのバスバー電極の表面をサーチするだけで場所を検索できます。

 

今までは、ストリングの欠陥モジュールを1枚づつ外して検査していましたが、モジュールドクターを使用する事で外さずに欠陥モジュールの特定ができます。

特長

1) モジュールのバスバー電極の表面をセンサーでサーチする事で、欠陥クラスターを特定できます。

2) 特別な負荷装置を必要としません、通常の系統連係中に測定できます。

3) モジュールのバスバー電極を流れる電流を平面電流計センサーで測定。

4) 日射計を内蔵しており、日射量に応じて電流補正。日射量の変化に左右されず安定した測定が行えます。

5) 離れたモジュールも延長棒を使用する事で、簡単に測定できます。

6) 先端のセンサーヘッド取付けは、方向自在で、縦向きや横向きを簡単に変更できます。

7) センサーヘッドは地磁気や外乱磁気を自動補正(特許出願中)する機能を内蔵し、影響を防げます。

8) 小型軽量で電池駆動ですので何処でも簡単に測定できます。

9) 判定結果はブザーの鳴る周波数で判断できるので、表示を見る必要がありません。

10) 結果表示は、バーグラフメーター表示ですぐ解ります。

11) 使いやすい2つのボタンの簡単操作です。
  ①ゼロ合わせボタン:測定の前にモジュールの表面20Cm上方向浮かせた点で
  ボタンを押し表示をゼロに

  ②100%設定ボタン:正常に動作して居るモジュールのバスバーの上で表示が、
  100%に満たない場合ボタンを押し100%に補正します。

12) Ipm電流設定機能
  モードボタンを2秒押すと設定モードと成ります。
  測定するモジュールのIpmレンジに設定して下さい。

装置仕様

欠陥検出 結晶系=クラスター単位
薄膜系=モジュール単位
検出方式 バスバー電極に流れる電流を磁界から非接触で電流測定します。
Ipmレンジ 5段階(2・3・4・5・6A以上)
感度自動補正機能 日射強度でIpm毎に設定されてます。
結果表示 数値表示 0~100%表示
バーグラフメーター表示、0~100%表示
判定音 音の周波数で電流値を表します。

50%以上の電流で2kHzの音が鳴り始め
100%電流で3kHzまで周波数変化します。

表示器 LCD青色グラフィック表示器
電源 単3形アルカリ乾電池 4本
電池寿命 4時間 (自動電源OFF機能 付き5分)
使用温湿度範囲 温度 10℃~+40℃
湿度 30~85%RH(結露なきこと)
筐体寸法(mm) W=85mm H=40mm D=171mm
質量 約550g
付属品 センサーヘッド 1個
延長棒 2.5m 1本
単3形アルカリ乾電池 4本
収納ケース
モジュールドクターの使用説明
断線発見結果と測定中画面

※仕様は予告なく変更する場合があります。

SMD-200 モジュールドクター資料
SMD-200.pdf
PDFファイル 1.0 MB
新栄電子計測器への電話をする
お問い合わせ

太陽電池検査装置
太陽電池検査装置の施工・メンテナンス
太陽電池検査装置のモニタリング
太陽電池検査装置の研究・開発・生産
新栄電子計測器のカタログ